☆BREAK HEART☆

“好き”って
気持ちが重なった時に

“愛”って
生まれるんだね……
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP -
0237:Shakespeare (i)
物事は落ちるところまで
落ちれば止まるものさ



『マクベス』
| 言葉∩・ω・`∩ | 00:59 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
0235:Nietzsche (vii)
“自分の主人となれ”



勘違いしてゎ
ならない

自制心という言葉を
知っているだけで
なにがしか自制
できているわけでゎない

自制ゎ自分が現実に
行うそのもののことだ

一日に一つ何か
小さなことを断念する

最低でもそのくらいのことが
容易にできないと
自制心があると
いうことにゎならない

また小さな事柄に
関して自制できないと
大きな事柄に関して
上手に自制して
成功できるはずもない

自制できるということゎ
自分をコントロール
できるということだ

自分の中に巣くう欲望を
自分で制御する
欲望の言いなりになったりせず
自分がちゃんと自分の行動の
主人になるということだ



『漂白者とその影』
| 言葉∩・ω・`∩ | 13:06 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
0234:Nietzsche (vi)
“誰にも一芸がある”



どんな人にも一芸がある

その一芸ゎその人だけのものだ

それを早くから知っていて
充分に生かして成功する人もいる

自分の一芸
自分の本領が
なんであるか
わからないままの人もいる

それを自分の力のみで
見出す人もいる

世間の反応を見ながら
自分の本領が何だろうかと
模索し続ける人もいる

いずれにしても
挫けず
逞しく
果敢に挑戦を
続けていけば
自分の一芸が
わかってくるはずだ



『人間的な、あまりに人間的な』
| 言葉∩・ω・`∩ | 04:54 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
0233:Nietzsche (v)
“自分を現す三つの形”



自己表現とゎ自分の力を
表すことでもある

その方法を大きく分けると
次の三つになる

贈る

嘲る

破壊する

相手に愛や慈しみを
贈るのも自分の力の表現だ

相手を貶し虐め
ダメにしてしまうのも
自分の力の表現だ

あなたゎどの方法を
取っているのか



『曙光』
| 言葉∩・ω・`∩ | 22:13 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
0232:Nietzsche (iv)
“疲れたらたっぷり眠れ”



自己嫌悪に陥ったとき
何もかも面倒でいやに
なったとき何をしても
くたびれて仕方ないとき
元気を取り戻すためにゎ
何をすべきだろう

ギャンブル??

宗教??

流行のリラックス療法??

ビタミン剤??

旅行??

飲酒??

そんなことよりも
食事をして休んでから
たっぷりと寝るのが一番だ

しかもいつもより
ずっと多くだ

目覚めたとき
新しい力が漲る
別の自分に
なっているだろう



『漂白者とその影』
| 言葉∩・ω・`∩ | 22:07 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
0231:Nietzsche (iii)
“一日の終わりに反省しない”



仕事を終えて
じっくりと反省する

一日が終わってその一日を
振り返って反省する

すると自分や他人の
アラが目について
ついにゎ鬱になる

自分のダメさにも
怒りを感じ
あいつゎ憎たらしいと
思ったりする

たいていゎ
不快で暗い
結果に辿り着く

なぜかというと
冷静に反省したりしたから
などでゎ決してない

単に疲れているからだ

疲れきったときにする
反省など全て鬱への
落とし穴でしかない

疲れているときゎ
反省をしたり
振り返ったり
ましてや日記など
書くべきでゎない

活発に活動しているとき
何かに夢中になって
打ち込んでいるとき
楽しんでるとき
反省したり振り返って
考えたりゎしない

だから自分をダメだと
思ったり人に対して
憎しみを覚えたりしたときゎ
疲れている証拠だ

そういうときゎ
さっさと自分を
休ませなければいけない



『曙光』
| 言葉∩・ω・`∩ | 18:18 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
0230:Nietzsche (ii)
“自分の評判など気にするな”



誰だって他人から自分が
どう思われているか
知りたいものだ

よく思われていたいし
少しゎ立派だと思われたい
ものだし大切な人間の部類に
入れてほしいものだ

だからといって
自分への評価を気にするばかりに
聞き耳を立てるのゎよくない

なぜなら人間というのゎ
間違った評価をされるのが
普通のことだからだ

自分が思うように
自分が望むように
評価してくれることなんか
ほとんどない

そういうのとゎ全然違う
評価をされてるのが
全く普通だからだ

だから腹を立てないためにゎ
自分の評判や評価など
気にしてゎいけない

他人がどう思っているか
なんてことに関心を向けてゎ
絶対にいけない

そうでないと
本当に嫌われているのに
部長だの社長だの先生だのと
呼ばれることに一種の快感や
安心を覚えるような
人間になってしまう



『人間的な、あまりに人間的な』
| 言葉∩・ω・`∩ | 17:57 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
0229:Nietzsche (i)
“初めの一歩は自分への尊敬から”



自分ゎ大したことがない
人間だなんて思ってゎならない

それゎ自分の行動や考え方を
雁字搦めに縛ってしまう
ようなことだからだ

そうでゎなく最初に自分を
尊敬することから始めよう

まだ何もしていない自分を
まだ実績のない自分を
人間として尊敬するんだ

自分を尊敬すれば
悪いことなんて
できなくなる

人間として軽蔑されるような
行為をしなくなるものだ

そういう風に生き方が
変わって理想に近い自分
他の人も見習いたくなる
ような人間になって
いくことができる

それゎ自分の可能性を
大きく開拓し
それを成し遂げるに
相応しい力を与えることになる

自分の人生をまっとうさせる
ためにまずゎ自分を尊敬しよう



『力への意志』
| 言葉∩・ω・`∩ | 17:47 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
  • <<
  • 2/2PAGES
ブログパーツUL5